食分野で最大級の

WEBメディアmacaroniさまからの

ご紹介で、昨日は

「macaroni×東京ガス」の

親子料理教室イベントへ行って来ました。

 

 

親子で学ぶ「防災レシピ」料理教室です。

 

 

東京ガスの料理教室はとっても有名ですね。

 

 

今回伺った会場はテレビの公開番組

著名な料理家の方が使っている場所でした。

 

 

皆さまが料理教室として利用出来る場所は、

18箇所あるので、

お近くの所を検索してみてくださいね。

 

 

子ども向けや大人用の講座を

行なっていてその都度のお申込みでOKです♪

 

 

105年の料理教室。

「食べることは生きること」

と言うコンセプトで行なっています。

 

 

そして今回は、

「防災レシピ」料理教室でしたので

先日の北海道の大地震で息子も

防災を意識しながら

参加させていただきました。

 

 

「食べて生き抜く」

と言う事を意識して、

日頃上手にストックしたもので

3日間生き抜けるように

食材を上手く確保し、

それが期限間近になったら日常で使い、

また買い足すを繰り返していく行動を

ローリングストックといい、

そうすることで効率的に非常時に

備える事が出来ると言うことを

学んできました。

4d7d9f39b4dde586a44bbf46471518bc.JPG

 

今回は、缶詰やアルファー米、

乾パンを使った料理を作って来ました。

 

 

●フライパンでライスピザ

●押し麦入りミネストローネ

●乾パンdeティラミス風デザート

の3品です。

a1eb78293dffdf72e43385215c196e2d.JPG

 

乾パン初デビューの息子。

 

 

1つ2つは美味しく感じたでしょうが、

きっとそれが続くとなると難しくなるはず。

 

 

それを違うデザートにして

食べられる事を学べたので

今後のアレンジに使えそうです。

 

 

どのレシピも口に合っていたようで、

ミネストローネは自宅で

再チャレンジしたい様子です。

8c23253f30ac5446f18607f9a7aa38d8.JPG

 

災害時、役立つ調理方法も学んで来ました。

 

 

お湯ポチャ調理で作るご飯と麻婆豆腐です。

 

 

お湯ポチャ調理とは、

高密度ポリエチレン袋を使い

お湯で茹でて作る料理です。

 

 

災害時貴重なお水を

再利用出来るメリットがあります。

 

 

茹でる時に使った袋のまま

食べられるので洗い物が

出ないのもメリットの1つです。

 

 

ラップやホイルを使って

洗い物が出ないようにするのも

1つの工夫です。

 

 

いつ起こるか全然わからない災害。

それに備えて食材の準備を

心がけたいと思います。

 

 

 

 

自分の好きなパン・料理・スイーツを仕事としてやって行きたい思うあなたへ贈るおもてなしメールレッスン

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須