【1】はこちらから

 

今日は、子連れOKな教室を

やってきたお話をさせていただきます。

 

私はライセンス取得後は

ABC Cooking Studioで働くことを

目標にしていましたが

息子を妊娠しましたので

3ヶ月になった時に自宅で

パン教室を始めさせていただくことに。

 

 

今思えば、とっても失礼なのですが

息子を預ける選択肢がなく同伴での

レッスンをさせていただいていました。

 

それもあり、来て頂く生徒さまも

必然的に『お子様連れOK』

ということで

やらせてもらっていました。

 

息子は幼稚園に入るまで

おんぶしていれば

泣くこともほとんどなく

授乳もありませんでしたから

難無くクリアしていました。

 

でも、来てくださる生徒さんの

お子さんたちはそうはいきません。

 

場所見知りをしますし

少しでも離れることになれば

抱っこを求め泣いてしまい

パンに集中出来ないことも

多々ありました。

 

乳児期のお子さんは

レッスン中に授乳もあります。

 

上手に発酵時間に合わせて出来たり

合間に出来ないことも多々有り

代わりに私が分割となったり

することもありました。

 

そうすると

『今日って何をしに来たんだろう?

と思ってないかな?』

 

 

と心配になる私がいました。

 

そして、本当?!

 

と、思う方がいるかもしれませんが

人の子が泣いてても

全然私は気にならないタイプ。

 

なので私は、レッスン中に

お子さんが泣いていても

問題ないのですが、

お母さんは気になってしまい

気もそぞろ。

 

集中できてないな・・・

あまりきちんと

お伝えできてないかも・・・

わかってもらえたかな・・・

 

と、そこでも心配に思う場面が。

 

これからはどうしようと思った時、

子連れ一切なしと言うことにしました。

 

 

そこに至るまでにも悩みましたよ。

 

途中からこのやり方って

生徒さん混乱させるなと思ったのが

一番大きかったです。

 

 

でも自分自身の子ども達は成長し

環境が変わるものです。

 

 

出来ることなら開講前にこう行った準備が

出来ることが一番だと今は思うので

とてもお伝えしたい点です。

 

 

でも、子連れで習いたいママは

いっぱいいるので、私は

「AS Mama」の

託児見守りサービスを

使うことにしました。

 

http://asmama.jp

 

託児費用はどうしてもかかって

しまうけどきっと生徒さんには

有意義な講座時間になると

思っています♪

 

 

0歳児から預けることが可能だったり

病児保育も可能な保育士さんもいる

KIDS LINEと言うサービスもありますよ。

 

https://kidsline.me/

今後はその仕組みで教室を

やって生徒さんが集中し楽しめる

レッスンにしています。

 

先日も生徒さまが託児を利用し

始めは泣いて泣いてどうなるかと

思ってましたが、時間の経過と共に

保育の方と親しくなってる

様子に安心しました。